大変?楽?キャバ嬢の仕事内容をまるっと解説

キャバ嬢の仕事内容を解説

キャバ嬢がお店で一体どんな仕事をしているのかをここで解説します。
これからキャバ嬢の仕事に挑戦したい方は要注目ですよ。

①お客さんを楽しませるおしゃべり

キャバ嬢は話術でお客様を楽しませるのが大事な仕事になります。
話術といっても様々ですが、「お客様の悩み相談が出来るくらい包容力がある」「話題が豊富で飽きさせない」「お客様の妹を演じ、妹系キャラで楽しませる」「疑似恋愛をする」など、女の子は様々な芸風(?)で営業しています。

中にはお喋りなお客様もいるため、女の子は状況によって聞き役になったり話し役になって楽しい時間を演出します。
女の子と楽しく過ごせたお客様は満足し、その後足しげく通ってくれる固定客になってくれる可能性もアップします。

②お酒を作る・タバコに火をつける

健康増進法で昨今は、タバコを吸うだけでも犯罪者のように見られる愛煙家には肩身の狭い世の中になりました。
その影響でしょうか?最近は禁煙キャバクラもあると聞きます。
けれど一般的なキャバクラやクラブ、ラウンジでは自由にタバコが吸えますし、キャバ嬢は顧客のタバコに火を付けるのも大事な仕事です。

またキャバクラでは顧客は来店すると、まずお酒を注文します。
難しいカクテルを注文した際は厨房でボーイが作りますが、簡単な水割りやお湯割りであればキャバ嬢がテーブルに座って顧客の目の前で作ります。
これもキャバ嬢の大事な仕事です。
キャバ嬢初心者が入店した時は、まずこの「お酒作り」からレクチャーしますが、特に難しいテクニックや知識は必要ないので安心してください。

余談ですが、体入で「どうしてもタバコの臭いがダメ」「お酒がらみの仕事は性に合わない」と言う女の子もいます。
仕事が生理的に合わないケースもありますので、必ず体入で仕事を経験してみてください。

③同伴出勤やアフター

キャバ譲はお店に売り上げをもたらすために営業を行います。
そんな営業の中でも同伴出勤は売り上げアップに直接貢献できて、キャバ嬢自身の評価もアップ。
またアフターもキャバ嬢によっては重視する子もいます。
それぞれの意味をチェックしてみましょう。

同伴出勤お店が開店する前からお店の近所にある飲食店で顧客と一緒に食事をし、開店直後にお客様とキャバ嬢が同時に来店する行為。キャバ嬢がお得意様を1名お店に連れて来て売り上げを直接伸ばしてくれるため、営業成績にカウントされる。もちろん報奨金も支給される
アフター閉店後にお客様と別の店舗で食事やお喋りを楽しむ事。本来ならやらなくても良い顧客へのサービス。残業のようなものだが時給は出ない上に報奨金もゼロ。ただ親密になりたい顧客がいれば積極的に女の子から誘う事もある

同伴出勤に繋げるためにアフターでお客様との距離を縮める、という手法ももちろん有りです。
同伴出勤やアフターは女の子のプライベートな時間を犠牲にした営業活動ですが、頑張った分だけ固定客や指名が増えたり、大事なイベントにたくさんの贔屓客を呼べるなどプラスにもなります。
売れている女の子の中には、アフターなどの営業活動で固定客を増やす努力をしている事も。何もせずに贔屓客が増える事はないのです。

基本的には個人プレーな仕事が多い

キャバクラはクラブとは違い、顧客1名に対して女の子1名で接客するのが基本です。
顧客1名にキャバ嬢が2~3名で接客する事はまずないので、チームプレーではなく「個人プレー」であると感じられるはず。
キャバクラでは他のキャバ譲やボーイと連携して人気を獲得するのではなく、キャバ嬢個人の力で固定客を増やして人気キャバ嬢に成り上がっていくパターンが一般的です。

もちろんボーイや店長は女の子のサポートはしますが、具体的な営業や接客は女の子主導でやっていく以外ありません。
例えば接客もマンツーマンスタイルなので他のキャバ嬢が助けてあげられる余地がほぼありません。
同伴出勤も、店長や他のキャバ嬢が付き添う事はまずないです。
自主的・積極的に行動出来る女の子でないと、この仕事は難しいと覚えておいてください。

まとめ

キャバ嬢の仕事内容には「接客」「営業」に分けられます。
この2つが出来ないとキャバ嬢として売り上げを上げていく事は出来ません。

【接客】の仕事はお酒やおつまみの提供、タバコに火を付ける、灰皿交換、楽しい会話など。これらは事前にレクチャーを受ける事で初心者でもある程度可能
【営業】はメールやLINEなどでお客様と連絡を取り合ったり、アフターに付き合う、店外デートをする、同伴出勤をするなどの活動を指す。キャバ嬢の自主性や積極性に関わる部分