体入って何?キャバ嬢になるなら知りたいキャバクラの体入とは

お店で洋服や靴を購入する時に、店内で試着をしたり鏡で全身をチェックした経験のある方も多いでしょう。
ナイトワークも同じで、正式にお店に入店する前に「この仕事が本当に自分に合うのかどうか」試せるんです。
このページではナイトワークでは当たり前の「お試し入店」について解説しています。

キャバクラの体入とは「体験入店」のこと

キャバクラ求人でよく見る「体入」という言葉は「体験入店」を略したもの。
この体入、ざっくり言えば「ナイトワークが合うかどうかお試しで仕事をしてみる事」です。

もし面接に合格すればすぐに正式入店出来るように思えますが、その前に体験入店で一晩働いてもらいます。
「ちょっと面倒くさい」ように思えるこのシステム、実はこの体験入店には、女の子にもお店側にも様々なメリットがあるんです。
どんなメリットがあるのか、早速チェックしていきましょう。

こんなにある体験入店のメリット

正式入店の前に一晩キャバ嬢としてお試しで仕事をする「体験入店」ですが、もし実際に働いて「イメージと違った」場合は入店を断っても構いません。
女の子にはデメリットのないシステムなので、是非体入を利用してナイトワークが出来るかどうか判断してください。

仕事を実際に体験して自分がキャバ嬢に向いているかわかる

体入の一番のメリットは実際に仕事を体験出来る事。
キャバ嬢の仕事内容は顧客への接客です。分かりやすくまとめてみましょう。

顧客の要望に応じてお酒を作る(ウイスキーの水割りやソーダ割など)/おつまみの提供
煙草に火を付けたり、必要に応じておしぼりを渡す、灰皿を取り換えるなどのサービス提供
話し相手になりお客様が楽しい時間を過ごせるようお手伝いをする

他にも営業のお仕事もありますが、体入では主にヘルプでの接客をお願いしています。
この時、顧客(ほぼ男性客です)と体を密着させたり顔を近づけて話をしますので、男性に対する嫌悪感のある女の子はここでリタイアしてしまう事が多いです。

ミニドレス姿をジロジロ見られたり、いやらしそうな目で胸元を見られるような事もありますので、そのような行為に耐えられるならキャバ嬢向きだろうと本人も判断出来るはずです。
生理的に無理であれば本入店をお断りしても構いません。

お店と合うか実際に働いて体験できる

キャバクラ店と言っても様々なタイプのお店があります。
若い女の子が多く賑やかで騒がしいお店もあれば、割合静かで大人っぽい雰囲気のお店もあります。
「カラオケがガンガンうるさいお店では落ち着かない」と言う女の子もいれば「静かすぎるお店は嫌だ」と言う女の子もいますので、お店の雰囲気と合うかどうかは実際に働いてもらうのが一番です。

来店する顧客の年齢層や職業などもお店によって違いがありますし、駅からの近さ、スタッフ対応、女の子同士の雰囲気などを実際に体験してチェックしてください。
店長がどう言っても「嫌なものは嫌」と言う女の子もいますので、女の子自身で決めるのがベストです。

体入分のお給料ももらえる

体入で一晩働くと働いた時給分の報酬は支払われます。
ただし本入店で働いている女の子の時給より安くなるケースが多いのですが、そこは体験という事で我慢してください。
求人情報には体験入店時の時給を明記しているお店も多いので、参考にしてみるよ良いでしょう。
別記事では本入後のキャバ嬢の給料システムについても解説しています。

体入でチェックしたいポイント

体入でチェックして欲しいポイントをいくつかまとめましたので、体入時に忘れずにこれらの項目を確認してください。

①客層

キャバクラの立地や料金、店構えなどによって客層は様々です。
富裕層の多いお店、サラリーマンが多いお店など、各店舗にそれぞれ特色があります。
地元客が多いお店は女の子と顧客が仲良く、和気藹々としているのが特徴です。

アットホームな雰囲気のお店が好みなら、地元客の多いお店を選ぶと良いかもしれません。
ガンガン稼ぎたいのであれば富裕層の出入りする高級キャバクラを狙うのがベストな選択です。
また新入りキャバ嬢が営業しやすいのは、お気に入りのキャバ嬢がいないフリー客が多く集まるお店です。実際に働いて客層を確認してください。

②お店の雰囲気・清掃は行き届いているか

お店の雰囲気は大事ですが、もっと重要なのは掃除です。
店舗内掃除はボーイが行いますが、ボーイの対応がいい加減だとトイレや洗面台が汚いです。
これら水回りが汚いお店は、客商売をしようという意欲に欠けますし、何より顧客から信頼されません。
掃除の行き届いていないお店は、業者に定期的な清掃をお願いする予算がないのかも・・・。
つまり「経営が苦しいお店なのではないか?」と疑われるわけです。
電球が切れていたり、ソファーが破れてボロボロなのにそのままだったり、お店のメンテがいい加減なキャバ店は避ける方が無難ですよ。

③ボーイさんの対応

キャバ嬢がスムーズに仕事をするためにはボーイの協力が不可欠。
キャバ嬢はハンドサインでボーイに「アイス頂戴/灰皿取り換えて/トイレが開いてるかどうか見て来て」などの連絡をしています。
女の子は接客に専念していますので、ボーイは女の子の手足となって黒子のように働きます。

このボーイの対応が遅い、ボーイの態度が悪い、女の子に暴言を吐くなどするのは最低のお店です。
お店の商品であるキャバ嬢に危害を加えるなど通常では考えられませんし、対応の遅いボーイは役立たずと言っていいでしょう。
レベルの低いボーイしかいないお店では女の子が苦労しますので、こういうお店は選ばないようにしましょう。

まとめ

キャバクラでは多くのお店で体入システムを導入しています。
これは裏返すと「実際に体験して入店してもらっても良いくらい、お店のクオリティーやサポート体制がしっかりしている」という自信の表れです。
体入から始めるよう薦めるキャバクラ店は信用出来る可能性が高いです。

面接にパスしたらまずは体入で一晩お試し勤務がお薦め
体入は女の子にとってメリットしかない
体入の結果「このお店には入店したくない」なら入店を断ってもOK/逆にお店から断られる事もある
体入時は客層やボーイの対応、お店の掃除状況、女の子同士の雰囲気などもチェック