どこでキャバ嬢になる?初心者向けのキャバクラがある街ってどこ?

キャバクラは街ごとに特徴が違う

都内には繁華街と呼ばれるエリアが複数あります。例えば有名な所で言えば新宿の歌舞伎町がありますね。
また六本木や池袋、渋谷、上野にも繁華街があり、たくさんのキャバクラやガールズバーがひしめいています。

「キャバクラならどこのお店でも一緒でしょ?」と思うかもしれませんが、案外このエリア選びが重要です。
なぜならエリアごとに住んでいる方々の職種や年収傾向、お店に望むものがまるで違いますし、主要駅周辺にはサラリーマンなど多くの顧客が集まってきます。つまりエリアごとに「客層」が違うのです。

客層が変わるとお店の売り上げも変化します。
お金持ちのお客様が多いお店とサラリーマンの多いお店では料金に差が付きますし、当たり前ですが1日当たりの売り上げにも影響してきます。

本気でキャバ嬢として働きたい・キャバクラで働きたいけど、不安もあるのであれば、まずはエリアごとの特徴や傾向を掴んでおくきましょう。
その上で初心者キャバ嬢に向いたお店を選ぶと失敗が少なくなりますよ。

初心者キャバ嬢に向いているのは?

都内でもよく知られた繁華街は歌舞伎町や池袋ですし、特に池袋はキャバクラ発祥の地とも言われていてキャバ嬢にとっては聖地とも言えます。
これらエリアはお店の数(求人数)も多く初心者でもスッとお店に入り込みやすい特徴があります。

「じゃあ、歌舞伎町やキャバクラの聖地・池袋のお店が初心者向きなの?」と思うかもしれませんが、ちょっと待ってください。
僕個人は歌舞伎町や池袋よりも「秋葉原」をお薦めします。
またキャバクラ店が少ないエリア(女の子の地元にあるお店など)で仕事を始めるのがお薦めです。その理由をまとめました。

【秋葉原のキャバクラ店を推す理由】
・俗にいうオタク男性は消極的な人が多く、セクハラトラブルが起こりにくい
・オタク客は趣味や好きな女の子にお金をつぎ込む人が多く太客になりやすい
【キャバクラ店の少ないエリア(地元のキャバクラなど)を推す理由】
・キャバクラ店の少ないエリアはお店が選べないため、店舗に迷惑の掛かる飲み方が出来ない(客が意識して紳士的に振る舞う)
・地元の方が多いキャバクラは、キャバ嬢や顧客が顔見知りで雰囲気が良い

もちろん「働くなら歌舞伎町が良い」「顔バレしたくなから地元は絶対嫌」と言う女の子もいますので、どのお店で働くかはよく考えて決めてください。

それぞれの街の特徴

では都内にある代表的な繁華街の特徴をご紹介します。

新宿・歌舞伎町

新宿は日本最大級の繁華街です。キャバクラの数も多く、熟キャバや姉キャバ、コスプレキャバ、高級路線キャバクラ、ショーキャバなど様々なタイプのお店があります。

・歌舞伎町から一流キャバ嬢に成り上がる女の子もいて、容姿や接客レベルが高く、さらに野心の強い女の子向き
・歌舞伎町キャバクラではお気に入りキャバ嬢をもつお客様が多いので、未経験者は避けた方が良い
・庶民派キャバクラにはサラリーマンが多いが、高級店には富裕層もやって来る

地方のキャバクラで№1になり、満を持して歌舞伎町に移店してくる女の子も多いエリアです。
店舗は多いですがその分競争が激しいため、しっかりノルマがこなせないと居辛くなるケースもあります。
本気でナイトワーク業界でのし上がりたい女の子向きで、初心者は他のエリアで実績を積んでから挑戦した方が良い場所です。

六本木

六本木ヒルズに代表されるようなITビジネスで成功した富裕層、またテレビ局関係者、外国人(大使館が多いため)がメインの客層になります。

・芸能人や芸能人の卵がキャバ嬢として働いているケースもあり、ルックスレベルの高い子が非常に多い
・時給の高い高級店が多いが、その分採用の基準が高い/英語など外国語が話せるとさらに有利
・マスコミ関係の顧客とパイプを作りたい/稼ぎたいなど、強い目的意識のある女の子向き

六本木は華やかなイメージがありますが、事実かなり派手めの(目立つ)女の子が多いエリアです。
客層には富裕層が多いので高級路線のお店が多数。高級店が多いので高時給が得られやすいのですが、その分、容姿や接客レベルが高く「六本木ではなかなか採用されない」と嘆く女の子もいます。
ルックスに自信があり富裕層の接客がしない女の子向きのエリアです。
六本木のキャバクラ店舗一覧【LULINE】

池袋

キャバクラ発祥の地「池袋」ですが、こちらも歌舞伎町同様に一般的なキャバクラから熟キャバ、姉キャバ、コスプレキャバと様々なお店があり、働くキャバ嬢の年齢も20~40代と幅広いのが特徴です。

・ショーキャバが多いので、歌や踊りに自信のある女の子が集まってくる
・カジュアル(庶民派)なキャバクラが多く、メインの客層は一般的なサラリーマンが多い(年齢はやや若め)
・女の子はルックスよりも人柄や明るさ重視

池袋は六本木よりも庶民派のお店が多いため、女の子のルックスに関してはハードル低めです。
お客様も気さくなサラリーマンが多く、アットホームな雰囲気のお店も多い傾向です。
昔は治安が悪いイメージがありましたが、今はかなり改善されました。新宿や六本木よりも初心者向きです。

渋谷

ギャル系の女の子が多く勤務するエリアで、歌舞伎町のように「ここで成り上がって一流キャバ嬢を目指す」よりは「楽しくバイトしたい」くらいのライト感覚で働く女の子が多いです。

・渋谷はアルバイトや派遣キャバ嬢として働く女の子が多く、野心を燃やす女の子は逆に居づらい傾向
・ノルマの緩いお店もあるので働きやすい

カジュアルなお店も多いので、ノリが良く明るい女の子向きです。
こちらも池袋同様、女の子の容姿や接客レベルはあまり重視されません。
ギャルっぽいノリで楽しく働きたい初心者の女の子にはお薦め。
ただし30歳過ぎのナイトワーク初心者の場合、ギャルっぽいお店の雰囲気に合わないと感じられる可能性もあります。

上野

若い顧客が少なく、中高年のお客様が多いエリアです。
そのため「若くてキレイなキャバ嬢」よりも「多少年を取っていても良いので、接客上手で気の利く女性、ベテランキャバ嬢」が求められる傾向にあります。

・20代後半から30代など、多少年齢の高い女性でも働けるお店が多い/カジュアル(庶民派)店舗が多い
・容姿よりも接客レベル重視/気さくにお喋り出来る女の子向き

比較的年齢の高い女性でも入店可能な店舗が多いため、30歳過ぎのナイトワーク未経験者は上野をお薦めします。
人情に厚いお客様も多く、働きやすいエリアです。

まとめ

街によってキャバクラの雰囲気やお店の傾向には差があります。
事前に良くチェックして、最適なエリア&店舗選択をしましょう。

キャバ嬢初心者にお薦めの街は秋葉原、またはキャバクラの少ないエリア(地元のキャバクラ店など)です。
六本木ヒルズで有名な六本木は店舗も多く稼げる反面、キャバ嬢初心者にはややハードルが高い。
キャバ嬢初心者に向くのは池袋や渋谷、上野のお店。バイト感覚で楽しみたいなら渋谷、年齢の高い女性は上野がお薦め。