人気キャバ嬢になりたい…売れるための接客方法とは?

売れるキャバ嬢になるための接客方法

店長という立場から「売れるキャバ嬢」を観察してみると、ある特徴が共通していることに気が付きます。その特徴を以下にまとめました。

①お客さんによって接客方法を変えてみる

お気に入りのキャバ嬢がいないお客様(フリー客/新規客)が来店されると、そのお客様の外見や雰囲気から好みそうな女の子をボーイが紹介します(これを付け回しと言います)。
女の子はボーイの指示に従って接客をしなければならないので、基本的に「キャバ嬢はお客様を選べません」。これはよく覚えておいてください。
キャバ嬢好みではないお客様が来ても「笑顔で対応」です。

お客様と言っても実際に色んなタイプがいます。ナルシストタイプ、人間不信タイプ、ケチタイプ、情熱的なタイプなど色んなお客様に臨機応変に対応しなければなりません。
ナルシストタイプはずっと自分の自慢話をするのが特徴です。そんなお客様に対しては聞くのが一番です。
「すごーい!さすがですー!」と合いの手を入れながら褒めるとお客様は上機嫌になりますよ。

また情熱的なタイプのお客様には冷静に対応するのがベストですが、上手い女の子はその辺りが分かっています。
「ねえねえ、閉店後に二人でどっか行こうよ」と言われても上手く断ったりして距離を保とうとします。
情熱的なタイプの中には「キャバ嬢と恋人になりたい」という夢をもっている人も多いので、その本心を理解した上でじらす作戦が効きます。
人気のあるキャバ嬢はお客様のタイプ別に接客法を変えて変幻自在に対応していますよ。

②苦手なお客さんを適当に対応しない

キャバ嬢と言っても人間ですから、どうしても苦手なタイプはあります。
お喋りな男が苦手、暗い男は嫌、ケチな人は嫌い・・・など色々です。
けれど苦手なタイプのお客様に当たったからといって、あからさまに嫌がるとクレームに繋がってしまいます。
当然ですよね。お客様はきちんと料金を支払っているのですから、やる気のないキャバ嬢では腹が立つでしょう。

人気のあるキャバ嬢は自分の好みや主観はさておき、苦手なタイプのお客様にも笑顔で明るく接しています。
うちの店でこんな事がありました。キャバ嬢や黒服、家族の愚痴や悪口しか言わない評判の悪いお客様がいたのですが、ある女の子はそんなお客様に常に笑顔で対応。
どんなに彼女の悪口を言ってもニコニコして「人の悪い所ばっかり見ないで、前向きに行こうよ」「あなたの気持ちも分かるけど、もっと明るい話をして欲しいな」と何度も言われ根負け。そのお客様は成功した投資家で女の子の太客になり、その子はNo.1になりました。
苦手なお客様でも気持ちの良い接客を心がければ、思わぬ福が舞い込むかもしれません。

③自分の個性を大切にする

キャバ嬢はそれぞれキャラクターを作り演じている事もありますが、「癒し系」「セクシー系」「お喋り系」に分類出来るようです。
そんな中でも「オラオラ系」「酒豪系」など、ちょっと一般的ではないキャラで人気を博している女の子もいます。

酒豪の女の子は生れ付きお酒に強いという個性があり、オラオラ系の女の子は気骨がありさっぱりした中にも女性らしい優しさがありますね。
キャバ嬢は自分の個性を大事にして営業活動をしています。
変幻自在にキャラを変える子もいますし、他のキャバ嬢とはちょっと違う個性を大事する事で人気が出る事も多いです。
自分の個性を大事にしつつ、他と差別化するのも忘れずにいれば、人気が出る可能性は高くなりますよ。